オナフキンの女子大生ナンパ道中記

ブログ移転しました。

オナフキンです。ブログ移転しました。

f:id:onahozizo:20170727092009p:plain

 

 

ナフキンです。

ブログ移転しました。

koicomi.com

 

新しくパワーアップしたブログ、

ぜひご覧ください!

 

宜しくお願いいたします。

 

 

JDにセックス打診するも超瀕死級のミスをぶちかました話。ギャグ記事。(セックス打診音声・書き起こし・ツッコミあり)

この記事は、

新ブログに移転しました

www.xn--kck4ca2a0n6993b.tokyo

 

 

新設ブログを宜しくお願いいたします

ナフキン

処女準即のお話。(ホテル打診音声あり)

 

 

このたび、新ブログを設立いたしました。

 

ブログ移転先に元の記事を修正したものがあります。

お手数ですが、クリックでご移動お願いいたします。

www.xn--kck4ca2a0n6993b.tokyo

三度の飯より文化祭が好きな俺が文化祭ナンパについて力説してみた。(文化祭ナンパ音声&書き起こし&解説あり)

 

ブログ移転しました。

移転先に、同記事がありますので

お手数ですがクリックで移動お願いいたします。

 

www.xn--kck4ca2a0n6993b.tokyo

 

パックマン講習5回目

どうも!オナフキンです!

行ってきました。パックマン講習

早いもので、もう5回目(たぶん)。

「パックさんは面倒見がいい」ていうのは講習を受ける前から噂で聞いていたのですが、ガチですね。 

ちょこちょこお会いしております。

 

さてさて

今回はどんな内容だったかというと、、

泥酔

です。ざっくりしすぎですね。

とにかく記憶がないんですよ。ブログが書けない

 

どんくらい飲んだのか。

ウイスキーブラックニッカ700mlとオレンジジュースです。

(※えーと、前回ウイスキーの180mlで酔わなかったため、今回増量された感じです。いきなりこんなの飲まされないので、講習を受けようと思っている方は全然そこは心配しなくていいです。ほかの講習生はストロングゼロ一本とかの方もいました。

f:id:onahozizo:20170606192444j:plain

まぁパックさんもお飲みになられてたので、俺が飲んだのは450mlくらいでしょうか。

頭おかしいですよねww

大学の体育会よりえぐいですよ。

「軟派」講習でしたよねこれ? 

完全に「硬派」です。ありがとうございました。

 

 

 

 

で、今回は

自分が感じていることは他人も感じているから差別化しないといけないよ 

というお話が印象に残っておりまして、

 

例えば!

「ネトナンめんどくさくなってきたなぁ」と感じるのが大体3か月目くらい。

みんなそう感じる から、大多数がこの辺で辞める。

差別化するには、さらに長くやればいい これだけ。

 

例えば!

「渋谷のATOMはラブホ街にあるから、即しやすいんじゃね?」と、考える。

みんなそう考える から、ライバル(やりたい男の子)はみんなATOMへ来る。

差別化するには、六本木のクラブでタクシークロージングすればいい これだけ。

さらに踏む込むと、「六本木に家借りちゃえば無双じゃね?」という戦略も出てくる。

とんでもなくライバルより有利ですよね。

(これを実行しちゃったのがパックさんなわけなんですけど、、追随を許さない行動力、、)

 

戦術 ではなく 戦略 の重要性を意識させられました。

戦術だけで突破しようとするナンパ師が多いそうなんですけど、それだけじゃもったいないよ とのことでした。

 

 

 

 

うん うん すごく納得しましたよ。

でもさ、クラブ行く前にウイスキー450mlのむのって差別化なん、、?

オレワカラナイヨ

(記事の後半でこの行為の意義を俺なりに考えてます。決して否定ではございません笑)

 

俺がいかに酔っていたかを述べますと、

①「おい!!パック!!」と師匠を呼び捨てにする

②気づかないうちにゲロまみれになっている(不思議)

③講習生ラインを荒らす(記憶なし)

f:id:onahozizo:20170606192507j:plain

グループの皆様、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。本当に反省しております。

 

 

 

 

 

 

で、こっからが今日のいいたいことです。

 

 

 

 

 

後々パックさんに聞いたのですが、

俺の素を見るために、泥酔が必要だった と、おっしゃっていたんですね。

会った当初から、「オナフキンさんは真面目ですよ。」 

と言われ続けていました。

恐らく、先生と接するわけだから礼儀は守らないとな と、どこかで感じていて、自分をオープンに表現できなかった。素を見せれなかった。(ある種のメンタルブロック

よく言えば、「礼儀正しい・しっかりしている」 

悪く言えば、「壁を作っている・距離がある」

だったのかなと思います。

それがパックさんに「まじめすぎる」と感じさせてしまった所以なんじゃないかと。

で、今回の泥酔で良くも悪くも自分の素を完全にさらけだしちゃったので、

これをきっかけにメンタルブロックが外れて

今後はの俺」「友達と接しているくらいラフな俺」で講習を受けれるかな?とかも思ったりしています。

 

で、この 素の状態 で学ぶという事はとても重要な事で、

素の状態 で接するのと他人行儀・壁がある状態で接するのとでは、学びに大きな差がでてくると思うんですね。

師匠と弟子の心的距離が近いほうがグングン成長していくと思います。

意思疎通が取れて、よりコミットするわけなので当然っちゃ当然なんですが。

また、冗談の言い合いや世間話をきっかけに予期せぬ本質的な話が産まれる という事は、多々あります。

学びは座学・実践だけから得るものではないんですね。

むしろ、世間話から産まれた予期せぬ本質的な話 のが価値あんじゃね?くらいにも思います。

雑談とか世間話は、師匠と弟子の心的距離が近い方が生み出しやすいですよね。

そういった理由から、講習は 素の状態 で受けるのが理想であると思うわけです。

 

ということで、今回の講習の泥酔は今後の俺の講習の受け方をより良い方へ整えてくれたんじゃないかなと思います。

実際に、パックさんも「素のオナフキンが見れて楽しかった」とおっしゃってくれていますし。

 

 

・・・うん、上記のことまで考えてくれた上でのウイスキー講習だったのでしょう。笑

そういうことにしておきましょう。

 

はい、なんか後半が堅苦しい文章になってしまいましたが、

そんなことを朝帰りの電車で吐きながら考えておりました。

講習の報告は以上でございます。

なんか理論寄りの内容になってしまっているのは、

記憶がごっそり抜け落ちてしまっていて内容を思い出せないからです笑

 

今回のブログの最後は質問で終わろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カシオレで勘弁してくれるナンパ講師、どなたか知りませんか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パックマン講習3回目。

はい!オナフキンです。

パックマン講習行ってきました!

本日の内容に表題をつけるなら、、

「生き地獄と固定観念ぶっこわし」です。

 

ではでは、鉄は熱いうちに打て ということで、今日の振り返りをしようと思います。

 

平日の木曜日、18時に渋谷のTSUTAYAまえ集合。

ドトールで座学。

 

俺の弱点は、連れ出し以降であることが発覚したので

(具体的にはギラができない対峙会話が薄っぺらい。)

この部分を克服していくことになりました。

で、ギラができないボーイズにオススメな練習場所、、、それは

HUBです。

「HUB」の画像検索結果

なぜかというと

・すでに連れ出しの状況が生まれている

・ナンパ行為がそれほど違和感がない

コスパがいい(ジントニック190円&女子すでに飲んでるのでおごる必要性なし)

 

なるほどーーー。納得いたしました。

 

パックさん「ハブで肩組めるくらいにはなりましょう。」

俺「わかりました。(ハードルたけぇ)」

 

 

さっそくセンター街のHUBへGO。

「hub 店内」の画像検索結果

HUBにて。

軽く店内を見まわし、ちらほら二人組がいることを確認。

ジントニックを注文して、3人で乾杯し、、

パックさん「課題はなんでしたっけ」

相方「肩を組むことです」

パックさん「よろしい」

俺「(^_^;) 」

 

パックさん「あの二人組いってみましょう。あんまかわいくないですが」

俺ら「わかりました」

 

丸テーブルの二人席で対面で座っている女子二人組に突撃。

 

俺「まじでお待たせしました ごめんね遅れて」

女A「無言(ポカーン)」

俺「いや どんくらい待った?」

女B「いや待ってないんで」

女A「まじでいいんで」

相方が女Aの酒を飲む。

俺その行為にビビる。

で、苦笑いのまま会話は進む。だが、普通に女たちは拒絶モード。

「まじうちら半年ぶりに会ったのね、話したいわけよ。空気読んで?」

「あっちにかわいい子いるから、ほんとに。」

「まじで邪魔なんだけど」などなど

普通ここまで言われたら、退散しますよね。

でも、できないんですね。

ルールが、罵倒されるか警察呼ばれるまで帰れない なので。笑

 

で、たぶん拒絶され続けて8分くらいでしょうか、まじで怒ってきたので退散。

正直ここまで拒絶されつづける経験なかったので(普段なら怒られる前に退散している)

メンタルけっこう来ました。

拒否されてから、どう粘っていいのか分からず言葉がでなくなったりするんですよ。

で、さらに空気わるくなって、それを挽回するためにボケるも、無視されて のループww 

さらに、周りの客の距離も近いので、うちらの行為が筒抜けなんですね。

外人さんの「このボーイズ失敗してやがるぜ」の目線が痛かった、、

生き地獄です。 でもこの生き地獄、まだまだ続きます。

なんと、、

次に声掛けした子達、ついさっき失敗した子達の隣で飲んでる子達だったんですね。

以下ハイライトです。

 

俺「どうもこんにちは」

女A「いや君たちさっきそこでナンパしてたよね」

俺「あ、ばれちゃってました?ww実はそうなんすよ」

女B「メンタルすごいね」

相方、女子のポテトを食う。

俺その行為にビビる。

俺「おれもくっていいすか」

女A「は?なんで?意味わかんねーだろ」

俺「いや...え」

女A「まじ消えろよ」

以下そんな感じで5,6分。

 

地蔵講習より遥かにメンタルきますね。てか比にならないですね

拒絶されても立ち続ける。

相手への詫びの念が出てきても立ち続ける。

周りの痛い視線を感じても立ち続ける。

平成の苦行 と名付けます。

 

次、3組目。

 

壁に面したカウンターで、二人の女子が隣同士に座ってます。

ちょうど隣に空席があったので、相方と俺で挟み込む形に。

 

俺「ここで飲んでいいっすか」

女A「え、はい

俺「そうなると必然的に話し合うことになるんですけどそこらへん大丈夫ですか」

女A「はい笑 いいですよw」

オープンした、、前の二組が地獄だったのでホッとする。

 

相手は25歳の社会人。まぁまぁ可愛い。

年下扱いされるも、まぁまぁ和む。

どのタイミングで肩組めばいいんだ、、とそれだけ考えながら会話をしていく。

近くで見ているパックマンさんと目が合う。

「早くいっちまいなさい。」

そんな目をしている。

8分くらい経過しただろうか、話題は、「アイスホッケー」になっていた。

たまに観戦しにいくほど好きらしい。

 

俺「あれってアイスホッケー?(ハブのTVモニターで客席が映っているシーンを指さして)」

女A「いやどうみてもサッカーでしょw」

俺「区別がつかん」

女A「バカなの?ww」

俺「え、やっぱ会場は熱気ですごいの?」

女A「うん」

俺「知らない人と肩組んだり?」

女A「うんあるね」

俺「こんな感じで?(肩を組む)

めっちゃ不自然だったけどできたーーwwてか流れがキメェwwwwクソ雑魚AFCww

女A「うん」

そのまま組んだ状態で話し続けます。

f:id:onahozizo:20170526033411p:plain

女A「てかぎこちなくね?笑」

ばれてるーーーww だって初めて組んだんですもん。許してくださいお姉さんww

 

 

 

まぁ、こなれ感とかスムーズさとかは試行回数ふやしていけば身に着くと思うんです。はい。

とりあえず一歩ふみだしたことに意義があると(ry

実際やってみて、意外と拒否されないんだ ていうことも体感レベルで分かりました。

固定観念がぶっこわれた瞬間でしたとさ。

ていうかパックさんの監視がなかったら絶対肩組んでないだろうな、、

お金を払う意義ってのは ここにあると思います。

 

ギラつき・ボディタッチが怖くて困っているボーイズはハブで練習することをお勧めします(生き地獄ですが)。

もちろん俺もしばらく通い続けます。抵抗なく肩が組めるようになるまで。

課題を一つ一つ潰していきましょーー 

ということです。

 

では、失礼します!

 

 

※ハブナンパしたい!て人はぜひぜひご連絡くださいませ。

喜んで同行します。